バイナリーオプションは初心者でも儲かる?

バイナリーオプション初心者戦略

見出し赤文字

見出し

 

 

人気のバイナリーオプションはこちら

gmoランキング

gmoランキング0001

申し込み



fxランキング

fxランキング0002

fx申し込み



igランキング

igランキング0003

ig申し込み


 

 

バイナリーオプションとは?

写真1

バイナリーとは、英語のBinaryで、2値とか2進数などの意味があります。

 

オプションとは取引を指します。

 

オプションはかなり複雑なので、個人投資家の中には敬遠している人も多いと思われますが、ルールをやや単純にすることで、個人投資家でも取引しやすくなっています。

 

対象は、FXや株価指数、商品先物など多くの種類があります。

 

設定された条件を満たすか、満たさないかの二者択一を予想するものです。

 

設定条件は提供している業者によって異なります。

 

設定時間も業者によって様々ですが、ほとんどの業者で5分から1時間程度で結果が出て、翌日にポジションを持ち越さないデイトレードとなります。

 

IG証券の場合、ある決まった時間の価格が、設定価格以上に「なる」か「ならない」かを予想するラダーオプションと、ある決まった時間までに、設定した価格に一度でも「達する」か「達しない」かを予想するワンタッチオプションがあります。

 

取引価格は、対象の価格には関係なく、0から100の間で推移します。

 

設定を満たした場合の決済価格は100となり、設定を満たさなかった場合の決済価格は0となります。

 

エントリーする時点の価格や残された時間などから、2WAYの買値と売値が設定されます。

 

また、エントリーした後、決済時間までホールドし続けなくても、任意のタイミングでイグジットすることもできます。

 

取引コストは、スプレッド(買値と売値の差)になります。

 

FXトレード・フィナンシャルの場合、ある一定の時刻の為替レートが、現在の為替レートより高いか安いかを予測します。
条件を満たした場合のペイアウト(支払い)倍率が1.80〜1.95倍に設定されています。

 

つまり、予想が外れるとペイアウトがゼロで、予想が的中すると2倍であれば、純粋なゼロサムゲームになりますが、ペイアウト倍率が1.80〜1.95倍と2倍よりやや低く設定されている部分が取引コストに相当します。

 

みんなのFXの場合、スタートレートを基準に円安方向、円高方向にそれぞれ3つ、合計6つの目標レートが設定されます。

 

1ロットあたり500円から1万円で設定されたチケットを購入して、設定条件を満足していれば、1ロットあたり1万円が払い戻されます。

 

チケットの購入は、判定時間の10分前まで購入することが可能です。

 

500円でチケットを買って、判定条件をクリアした場合、購入金額の20倍が払い戻されます。

 

倍率の設定度合いによって、コストが発生していることになりますが、ユーザーには若干わかりにくい状況だといえます。

バイナリーオプションの人気の理由は?

写真2

今回は、人気の理由について考えてみたいと思います。

 

バイナリーオプションはなんといっても、ルールが単純だということが人気を集めている最大の理由だと思われます。

 

基本的には、対象となる為替レートや商品先物価格が上がるか、下がるかの2択ですから、非常にシンプルです。

 

予想する期間は、10分から1日程度の近未来ですから、テクニカル分析などを駆使すれば、簡単に的中させることができそうに思います。

 

この単純さに加えて、勝負が非常に短期間で決しますので、儲かるか儲からないか、ギャンブル的な面白さを味わうことができます。

 

実際、ルーレットで黒か赤かを選択して賭けるギャンブルと同じような仕組みともいえます。

 

また、1回の取引で負うリスクは、エントリーするときに支払ったオプション料だけです。

 

予想が如何に外れようと、オプション料以外のマイナスはありません。

 

従って、無限大の損失を負うリスクのある取引システムに比べて、リスク管理がやりやすいという側面があることも人気の一因だと思われます。

 

ただし、1回の取引の損失額が限定されているということと、リスクが少ないということは同じではありません。

 

説明する際、ローリスク・ハイリターンと謳っているサイトが多いですが、取引がローリスクかどうかは、1回の取引への資産の投入量などによって変化しますので、注意が必要です。

 

小額から取引できることも人気の一因だと思われます。

 

例えば、米ドル/円を1ロット取引しようと思えば、為替レートを80円とすると80万円になります。

 

レバレッジを25倍とすると、80万/25=3.2万円が必要です。

 

1000単位で取引するとしても、3200円が必要になります。

 

バイナリーオプションの場合には、業者にもよりますが、100円から参加することが可能です。

 

市場があまり動いていない状態でも、わずかな動きさえあれば、利益を得られる勝率チャンスが得られます。

 

また、一般ほどではありませんが、複数のコールとプットを組み合わせた複雑な戦略をとることも可能です。

 

いわゆるデリバティブ(金融派生商品)の一種です。

 

デリバティブにはリスクヘッジとしての側面もあります。

 

取引についても、スワップ狙いで長期保有しているFX取引の、為替レート変動に対するリスクヘッジなどに利用することもできます。

 

バイナリーオプションはここが面白い

写真8

バイナリーオプションは結果を2者択一で選ぶだけという簡単すぎるルールが魅力的ですが、シンプルだからと言って必ず活事ができるかといえば、そういうわけではありません。

 

じゃんけんをして良く勝つという人でも、100%誰とじゃんけんをしても勝ち続ける事ができるかといえば、そういうわけではありませんよね。

 

簡単な投資でも、勝つ事もあれば負ける事もあります。

 

しかし、攻略法や勝率をきちんと理解して、取り引きを始めるタイミングや価格変動のパターンなどを理解していれば、儲けを出せる確率(勝率)を上げることができますし、損失が出る場合でも損失を最小限に抑える対策を講じる事もできますよね。

 

どんなに簡単なルールでも、継続して儲けを上げるためには、投資の攻略・戦略・勝率が必要になります。

 

具体的に、どこが面白いのかご紹介しましょう。

 

例えば、取り引きを開始する時の為替レートが1ドル=100円だったとしましょう。

 

実際には円高が進んでいるので1ドル=75円ぐらいが妥当なのでしょうが、分かりやすい数字で説明するために1ドル=100円として計算する事にします。

 

1ドル=100円の為替レートの時に、最低掛金が5,000円で倍率が2倍という取り引きを行なわれていて、自分は1万円分を「価格がアップする」に掛けたとしましょう。

 

そして、取引が終了した時点で1ドルの為替レートが100円からアップして110円になったとすれば、予想が的中した事になるので、掛金1万円に対して2倍の2万円が儲けとして戻ってきます。

 

為替がどのぐらい変動したのかは関係なりません。

 

逆に、1ドル=100円が下がってしまって100円以下になってしまった場合には、損失が発生します。

 

しかし、バイナリーオプションでは最初に掛けた掛金のみが損失として徴収されるだけで、価格変動に対して損失の計算が行なわれる事はありません。

 

そう考えると、リスクをずいぶん小さく抑える事ができるのが理解できますね。

 

利益が出た場合でも、損失が出た場合でも、最初に掛けた掛金と倍率によって、利益額もしくは損失額が決定してしまうのが、面白い部分。

 

確かにギャンブル的な要素も持ち合わせていますが、パチンコや競馬よりもずっとシンプルでスピーディに儲けを出す事ができる「投資」である事には間違いありませんね。

 

少額で始める事もできるので、お小遣いで投資を始めたい主婦やサラリーマンなどにもおススメです。

バイナリーオプションに必要なものは?

写真05

 

バイナリーオプションをはじめたいなと思ったら、どこから何を始めたらよいのでしょうか?

 

最初にすることは、どれにするのかを決める事。

 

バイナリーオプションは投資取引なので、おもに証券会社から金融商品のひとつとして紹介されている事が一般的です。

 

証券会社によってそれぞれ特長などが異なりますから、複数を比較検討しながら、どの証券会社のどれにするのかを決める事からはじめてくださいね。

 

選ぶ時には、商品の内容だけではなく、取扱っている証券会社についても考慮する事も大切です。

 

証券会社が倒産してしまったのでは、口座にある資金なども全て失ってしまう可能性がありますから、証券会社はできるだけ経営が安定していて信託保全されている証券会社を選ぶようにしましょう。

 

信託保全されている証券会社なら、証券会社に万が一の事があった場合でも、自分の自己資金がきちんと戻ってきます。

 

投資では自己資金や資産を守る事もとても大切なリスクヘッジ。証券会社選びも大切なのです。

 

どの投資取り引きを始めるのかを決めたら、次にその証券会社で口座を開設しましょう。

 

最近ではネットで口座開設できる証券会社も増えていますが、身分証の確認が取れないと最終的に口座開設する事ができないので、ネットで口座開設した場合でも郵送で免許証などの身分証を送る事が必要となります。

 

そのため、口座を開設してから実際に取引ができるようになるまでは、2週間程度の時間がかかると見ておくと良いでしょう。

 

今すぐに取り引きを始めたいという場合には、証券会社の口座を開設するのではなく、クレジットカードなどを使って資金を調達するタイプを選ぶ事も可能です。

 

この場合、投資に関する入金や出金はすべてクレジットカードを使う事になるので、クレジットカードのナンバーを入力すればその瞬間から取り引きを開始する事ができるというメリットがあります。

 

取り引きを始める場合には、証券会社によってはデモシステムなどが準備されていて、バーチャルな資金でシステムの使い方や機能などをトライアル的に練習する事ができるものもあります。

 

デモは自己資金を使うことなく利用できるので、そこで儲けを出しても自分の利益にはなりません。

バイナリーオプションの注意点とは?

写真3

価格が今よりも「上がるか」「下がるか」という二つの選択肢しかないバイナリーオプションは、適当に選んで掛けた人でも、チャートを分析攻略してリサーチに時間をかけた人でも、2つの選択肢のうちどちらかが利益(儲け)を出すことができるという、勝率がかなり高い投資取引。

 

勉強したりリサーチ攻略したり、分析したたぶんだけ儲けとして返って来る投資取り引きを希望する人にとっては、なんとなく物足りないと感じるかもしれませんが、シンプルなルールで分かりやすい投資取り引きを好む人からは大絶賛されている投資取引でもあります。

 

2つの選択肢の中からどちらかを選んで賭ければよいというシンプルなルールで人気ですが、やはり適当に選んでいたのでは、勝率はどうしても悪くなりますし、少ない損失でも雪ダルマ式に積もれば大きな金額の損失になってしまいます。

 

シンプルなルールだから、かならず高い勝率をキープする事ができる、というわけではないわけですね。

 

バイナリーオプションはルールがシンプルでも、やはり投資取引。

 

確実に儲けに結びつけるためには、取り引きを始めるタイミングや、取引の期間なども重要なファクターとなります。

 

投資や外国為替などについて全く知識がなくても気軽に始める事ができるバイナリーオプションは、お財布に入っている程度の少額な取引金額ではじめることもできるため、投資のリスクを全く理解することなく、ギャンブル的に楽しむ人も少なくありません。

 

しかも、選択肢が2つしかなくて勝率も50%と高い事もあり、のめりこみやすいというデメリットも抱えています。

 

ギャンブルにのめりこみやすい人などは、損失が積もり積もってまとまった金額になってしまう事も少なくないので、自分で気をつける事が必要です。

 

バイナリーオプションは多くの証券会社からラインナップされている金融商品の一つです。

 

ほとんどの場合、取り引きを始める時にはまず最初に証券会社に専用の口座を開設して、そこに投資に使う自己資金を入金する事が必要です。

 

しかし、証券会社の口座開設は、手続き自体は難しいわけではないのですが、時間も手間もかかるので面倒だと感じる人も少なくありません。

 

そこで、証券会社の中には、こうした口座を使って投資を行なうのではなく、クレジットカードを使って入出金を行なうというスタイルなども登場しています。

 

いくら使ったかがはっきり分かりづらいクレジットカードを使って行なう場合には、自分できちんと入出金を管理する几帳面さも持っている事が必要不可欠です。