バイナリーオプションの分散投資とは?

バイナリーオプションの分散投資とは?

写真10

投資取引では、リスク管理(リスクヘッジ)の方法として知られている分散投資。

 

分散投資とは、自己資金を一つのバスケットに全て投資してしまうのではなく、少しずつ色々なバスケットにばらして投資するという投資方法。

 

こちらの投資で損失が出てしまっても、別の投資で利益が出れば、損失を軽減する事ができるというわけです。

 

投資取引における分散投資には、何をどのように分散するのかによって、リスク管理の方法なども異なります。

 

投資を行なう対象を分散させる方法、投資する時間帯や時期を分散させる方法、投資の銘柄や種類などを分散させる方法などがあり、その投資対象となる金融商品の特徴や性質、そして自分の投資スタイルなどによって適した分散投資を行なう事が必要となります。

 

バイナリーオプション取引の場合にも、分散投資をする事が可能です。

 

分散投資といっても色々な外国為替の中からいくつも選べると言うわけではありませんし、取引時期なども数種類に最初から限定されているので、他の投資と同じような分散投資をする事は難しいもの。

 

しかし、この取引では分散投資でリスクを回避する事が可能です。

 

具体的な例でご紹介しましょう。

 

1ドル=100円という為替レートの時に取り引きを始めるとしましょう。

 

掛金1万円で100円というレートが「上がる」と予想する事にします。

 

取り引き時間が5分とか10分など短い場合にはトイレ休憩をしている間に取引が終了してしまうのでリスク管理も難しいのですが、取引時間が1日ぐらいある場合には、為替の変動によっては、顔が青くなってしまうこともあるかもしれません。

 

一度取引したポジションは、取り引きが終了するまで手放す事ができません。

 

1ドル100円で購入したポジションは、円高になって1ドルが95円になってしまっても、途中で手放す事ができません。

 

その時には、別で新規のポジションで取り引きを始める事でリスクを軽減する事ができます。

 

1ドルが95円の時になんとなく雲行きが怪しいと感じたら、最初のようにレートが「上がる」と予想するのではなく、「下がる」という予測で別のポジションを立てます。

 

そうすれば、そのまま円高が進んでどんどん数字が下がっていった場合でも、最初の取引で出た損失は新規に立てた取引で得た利益によって補填する事ができますよね。

 

ポジションを持ったまま逆向きのポジションを建てるのが、代表的な分散投資の方法です。

人気のバイナリーオプションはこちら

gmoランキング

gmoランキング0001

申し込み



fxランキング

fxランキング0002

fx申し込み



igランキング

igランキング0003

ig申し込み