FXとバイナリーオプションの違いとは?

バイナリーオプションとFXの違い

写真04

バイナリーオプションもFXも、どちらも外国為替市場の為替レートの動きを利用して利益を出そうという投資取引を行います。

 

1ドル=100円というアメリカドル&日本円の為替レートが、1ドル=105円になれば儲け(または損失)になって、1ドル=95円になれば損失(または儲け)になると予想をつけて自分でポジションを購入する点も同じです。

 

しかし、FXとバイナリーオプションには多くの違いがあります。

 

・取引期間
FXは取り引きを始めてから終了するまでわずか数分間という短時間取り引きをする事もできますし、数ヶ月という長期取引を行うことも可能です。

 

しかし、バイナリーオプションの場合にはほとんどが24時間以内に取引が終了しますし、長くても1週間程度しか取引期間が設けられていないため、短期間の取り引きを希望する人にはFXよりもお勧めと言えるでしょう。

 

・利益と損失
どちらも投資取引ですが、リスクやリターンをレバレッジを使いながら自分で調整できるのがFX、ペイアウト倍率が最初から決まっていて、掛金に応じて取引前に最初から利益額も分かっていて、損失が出た場合にも掛金がそのまま損失となるだけに設定されているのがバイナリーオプション。

 

ローリスク・ローリターンを希望するひとには、おススメです。

 

FXの場合には、自分でかけたレバレッジによって、予想が当たれば利益も膨らみますし、予想が外れれば損失もレバレッジに比例して大きくなってしまいます。

 

自己資金を張るかに超える金額の損失を抱えてしまう可能性もあるFXは、リスクを嫌う投資家にとってはあまりおススメではないかもしれません。

 

しかし、レバレッジという概念が存在しないバイナリーオプションでは、損失が出ても、最初の掛金がそのまま損失になって戻ってこないだけ。

 

リスクをできるだけ減らしたい投資家にとっては、リスク管理しやすい投資取引と言えるでしょう。

 

・景気の影響
FXの場合には、取り引きをはじめた時点の価格よりもどのぐらい価格が変動したか、その変動幅によって利益や損失の金額も決まります。

 

景気に影響される部分はとても大きいわけですね。

 

しかし、バイナリーオプションの場合には、現在の価格よりも上がるか下がるか、どちらかを選択する事で利益か損失かが決まるため、変動幅は全く問題になりません。

 

景気に左右されずに取引ができるのも、特長です。

 

 

人気のバイナリーオプションはこちら

gmoランキング

gmoランキング0001

申し込み



fxランキング

fxランキング0002

fx申し込み



igランキング

igランキング0003

ig申し込み